闇金相談をする弁護士の選び方

闇金相談をする弁護士の選び方

MENU

過去の実績を重視して選択を行う

闇金相談をする弁護士の選び方

 

闇金に関しての相談は、主に訴訟まで行うことができる弁護士が担当する事案ですが、過去に闇金対策の実績がない方よりは実績のある方に依頼するのが基本です。その理由としては、闇金の常とう手段をよく知っており、依頼者の身辺の保護までを念入りに考慮してくれるからとなります。

 

闇金の後ろには組織的な暴力団が存在し、その暴力団は人に対する嫌がらせや厳しい取り立てに長けている点があります。しかもなかには犯罪を恐れないタイプの構成員もいて、厄介な問題になる可能性もあります。

 

そういった貸したお金の債務問題だけでなく、トラブルを起こされる可能性も存在するため、未然に防ぐ手立てを検討しておくがポイントです。過去の実績で解決した事案もあると解決までの道筋がつけやすく、相談しても安心できる側面もあります。

 

マスコミなどでも登場する著名な弁護士の方もいますので、そういった方に相談して見るのは選択肢としても優れています。

人脈を元に紹介してもらい相談を行う

債務問題に明るい弁護士に相談した場合、闇金が絡む事案は自分の担当ではないため、断られるケースも存在します。

 

しかし困っている人の相談を断ってしまうと、本当に紳士的な法律の専門家かと疑問を持たれる方も多いです。

 

大抵の場合は、自分の担当領域ではないと断るのと同時に、闇金の事案を扱っている他の弁護士の先生を紹介してくれることが多いのが実態で、紳士的な対応をしてくれるのが一般的です。

 

法律の専門家は専門家同士のネットワークがあり人脈が存在するはずなので、必ず適した方を紹介してくれます。

 

逆に闇金に困っている方が自分で探すよりは、その場合の方が最適な先生が紹介されることも多いです。根本的な解決に結び付けることもでき、早めに相談すればするほど被害を拡大させないで済みます。

 

現在は闇金に対する法律の整備も進み、それに認定されるだけで業者が大きな損失を被ってしまうこともあり、法律の専門家に相談する価値が以前より増しています。

相談を行う上でのポイントを押さえる

闇金にお金を借りてしまい、法律の専門家や警察に対策を依頼すると債務者の弱みに付け込んだり、脅しや嫌がらせを受けるケースもあります。善良な市民は弱者でもあり、お金を借りた引け目に付け込んで業者が悪さをするというのが実態です。

 

各都道府県に存在する弁護士会には、こうした闇金に対する受付窓口も存在し、そこで相談を受けることで最適な方を紹介してくれる制度があります。業者によっては、資金が回収されないと死活問題に発展するため、脅しでも弱みに付け込んでも、絶対に回収を図ろうとしてきます。

 

闇金は合法的な存在でないため、ある意味、自暴自棄に陥っている団体で質が悪いのも実情です。

 

ポイントとしては身辺の保護で危害が加えられる恐れがある場合には告知をしておきます。

 

実際の契約書、他にも支払いを行った領収書などがあれば用意しておくこともポイントです。また脅しを受けていたケースでは、その録音した音声や動画などが存在すると良く、他にも業者の住所が特定できる書類なども用意します。