闇金の取り立てが自宅にくることはある?

闇金相談をする弁護士の選び方

MENU

悪質化の一途をたどる闇金問題

闇金の取り立てが自宅にくることはある?

 

お金を借りることは、決して珍しいことではありません。

 

しかし真っ当な金融機関を利用しないと、トラブルにまきこまれる可能性が大です。

 

中でも、いわゆる闇金業者の悪質さは際立っています。度重なる法改正によって、金融機関の取り立ては厳しく取り締まられてきました。

 

自宅に出向くことなど、もってのほかです。

 

しかし、そもそも違法金利で営業している闇金にとって、法律は足枷にもなりません。取り立てに関しても、家の前まで堂々とやってくることもあります。それだけではなく、四六時中電話をかけてライフラインを潰してしまうこともしばしばです。

 

高い金利である以上、元本を減らすことさえ難しくなり、時間が経つごとに深刻さを増していきます。まずは安易な気持ちで闇金に近づかないことが、もっとも肝要です。

 

その上で関係をもってしまったのならば、適切な対処を迅速に講じなければなりません。その際には、警察は必ずしもあてにならないことを知っておきましょう。

陰湿な闇金の取り立て手口

闇金業者が契約者に対して、直接相対して恫喝的な言動を用いるのは稀です。

 

脅迫は刑事事件となり、警察が介入できるようになるため、それを回避する方策を使います。その代わりに手練手管を尽くし、精神的に追い詰めようとするため、抵抗することさえ困難です。

 

明確に取り立てとは口にしないものの、不審人物が自宅周辺を歩き回るようになります。ときには玄関の近くに男が長時間立つこともあり、そのストレスは甚大です。

 

そうした人物の中には、闇金に雇われたプロも存在します。

 

しかも警察に通報したとしても、偶然居合わせたとしらを切るだけです。闇金がこうした手段に出るのは、なにも返済を守らせるだけではありません。精神的に支配して、いいなりにさせることもまた、その目的です。

 

実は、嫌がらせに繰り出される人員というのは、闇金の被害者も多く含まれています。手先のように働かせる羽目になる前に、効果的な方法を進めなくてはなりません。

法律の専門家こそ頼るべき相手

民事不介入の原則を貫く警察に対し、法律の専門家は常に依頼者の味方です。

 

とくに闇金問題に強いプロフェッショナルは、豊かな経験と知識で最適な対処を実施してくれます。債務整理を実施していけば、取り立てそのものを差し止めることさえ可能です。もう自宅の周りに男が徘徊して、穏やかな生活が破壊される心配もなくなります。

 

こうした問題は近隣にも迷惑をかけるため、引っ越しを余儀なくされるケースも珍しくありません。それでは生計がますます苦しくなるため、再建もままならなくなります。

 

まずは無料相談などを利用して、専門家のアドバイスを受けていきましょう。

 

電話で進める事ができますから、他に露見する懸念もなく安心です。

 

違法金利を払い続けていたのであれば、過払い金を請求できる可能性もあります。依頼料や手続きに関する費用も、補助制度を活用することができますので躊躇は不要です。闇金に対しては、法律のスペシャリストの力を借りて、一日も速い解決を目指しましょう。